Category 'バウエル(腸)コンディショニング'


「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 βーグルカンは細胞壁に含まれる単糖類の一種で、水溶性食物繊維に分類され「大麦」や「きのこ類」に多く含まれています。 特に「大麦βーグルカン」はダイエットや腸管免疫を活性化させる事に大きな影響を与えています。 このメカニズムについて説明します。 まずダイエットの効果について。 大麦β-グルカンを含む食事を摂ると、食後の糖質の吸収が53%抑制されることが報告されています。 そして大麦を…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 長年健康業界の議論の1つで 「朝食は摂るべきか?摂らないべきか?」 という議論があります。 それぞれ様々な考え方に基づき朝食食べないほうが良い派、食べたほうが良い派に分かれていますが、私は 「腸視点」 で朝食についての考えを述べてみたいと思います。 まず私が提唱していますバウエル(腸)コンディショニングでは 「朝食は食べたほうが良い」 としています。その理由は 「朝の排出時間にき…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 バウエルコンディショニングの一番の目的は 「便秘をなくし、常に腸が活発に働く環境を作ること」 です。 その為には「食物繊維」が大きな鍵を握ります。 食物繊維には 「不溶性食物繊維」 と 「水溶性食物繊維」 の2種類があります。 不溶性は水に溶けず、腸の中で水分を吸収してふくらみ、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促す作用があります。 キャベツ・レタス・芋・豆・ごぼうなどに多く含まれる「…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 腸を良い状態に整えていくには様々な要因があります。 食事だけ、腸もみだけ、運動だけなど単一的なアプローチだけでは腸の状態は良くなりません。 腸を良い状態に整えていくには以下4Rを考えていきます。 ①Remove(除去) →腸にとって「悪いもの」を除去していく ②Replace(補填) →腸にとって良いものを「補填」していく ③Reionculate(植菌) →腸内細菌叢のバランス…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 便秘解消の対策として 「排便時に必要となる「腹圧」を高める為に必要な筋群の強化」 を考えるかと思います。 その為に *「腹筋群のエクササイズ」 *「呼吸エクササイズ」 等を取り入れることを考えると思います。 しかしこれだけでは足りないのですよね。 そう、便秘解消におけるは必要な筋群は 「骨盤底筋群」 も必要となります。 なぜなら、便の排出において骨盤底筋群は「腹圧」を受け止める場…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 最近の急激な温度変化により風邪を引く方が増えてきました。 風邪予防といえばやはり考えたいのは「免疫力向上」ですよね。 そこで免疫といえば 「腸内環境を整える」 ことが重要なポイントとなります。 なぜなら腸は免疫の中枢器官であり、腸内環境悪化が免疫力低下の原因の一つとなります。 そして全身のリンパ球の約60%が腸に存在しているからです。 そのリンパ球の主な栄養分となるのが 「アミノ酸…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 健康のためにはビタミンが必要だということは皆様もご存知だと思います。 確かに、食事からでは摂取が難しいビタミンなどはサプリメントを利用して摂取するのも一つの方法だと思います。 しかし、だからと言って何でもかんでもサプリでビタミンを補給する発想は如何なものかと考えています。 特に以下のビタミン *ビタミンK *ビオチン *葉酸 *パントテン酸 *ビタミンB 2 *ビタミンB 6 *ビ…

Continue reading →

「(注)私の記事は既存の腸の情報を書籍等で集めた内容です。最新情報・研究とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 太る人と太らない人では 「腸内細菌の勢力図が違う」 と言われています。 太りやすい人は 「悪玉菌優勢」 で 太らない人は 「善玉菌優勢」 となっていることが多いです。 そして、悪玉菌優勢な人は悪玉菌が好むような高脂肪食が自然と欲しくなり、善玉菌優勢な人は善玉菌が好むようなさっぱりとし た食べ物を欲しくなるとも考えれるそうです。 そう、食品の嗜好も腸内細菌の影響を受けている可能性があるのです! なのでダイエットを考えるとき、無理矢理食べた…

Continue reading →

「(注)私の記事は既存の腸の情報を書籍等で集めた内容です。最新情報・研究とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 風邪などをひいてしまって発熱すると食欲等も落ちてくると思います。 そうした時に昔は 「食べた方が元気になる!」 という考えで、食欲なくても無理矢理食べている人も結構いたようです。 しかし、風邪の時に食欲が落ちているなら内蔵機能も低下している状態なので、無理して食べない方が回復しやすいという考え方の方がよいと思います。 脱水症状にならないよう水分補給には注意するのは言うまでもありません。 もちろん、風邪の度合いにもよるので、「食べたい」と…

Continue reading →

「(注)私の記事は既存の腸の情報を書籍等で集めた内容です。最新情報・研究とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 ダイエットで大切な要素は、実は食習慣、生活習慣、運動習慣改善を考える前に 「消化・吸収システムの正常化」 が大切だと考えています。 その消化・吸収システムの中枢が 「小腸」 です。 口から入った食べ物は食道を通って胃で溶かされ、小腸で消化・吸収され、残った物が大腸で「便」となり、肛門から排泄されます。 消化管は入り口と出口が外界と直接繋がる「トンネル状」になっているため 「内なる外」 として、身体の外と考えられています。 小腸は「十二指…

Continue reading →

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要