Archive 6月 2015


「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 運動能力向上を考える時に、ついつい 「筋力・柔軟性・バランス・神経系」 などの向上を最初に考えがちですが、それを考える前にまずは基礎の部分として 「呼吸能力」 の向上がとても大切になります。 理由としまして、運動能力向上の為には ①「呼吸機能」②「循環機能」③「筋機能」 の協調が必須条件です。 そして重要度も ①→②→③ となります。 一番重要である「呼吸」に関して、呼吸には 「筋…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 トレーニング指導の際に重要な視点として 「骨の動き」 を見る必要性があります。 筋トレというとついつい筋肉ばかりに目が行きがちですが、人間の動作の基本は 「骨同士が正しい関係性で可動している」 事が大切です。 例えば上肢を使うトレーニングにおいては 「上腕骨と肩甲骨の相対運動」 を頭にいれておくことが基本となります。 (上腕骨)⇄(肩甲骨) 屈曲⇄肩甲骨前傾 伸展⇄後傾 外転⇄下方…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 アスリート指導で行う「筋力トレーニング」の基本的な目的の一つが 「走る・跳ぶなどの伸張性動作における筋のダメージに対する抵抗力を高める」 だと思います。 それには普段のトレーニング時に 「筋肉にどれだけ強い負荷を与えられるか?」 がポイントとなります。 その時に重要なのが ①重量 ②速度 ③フォーム となり、より安全かつ強い負荷を与えるトレーニングを考えると思います。 そこでさらに…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 QOLの増進やスポーツ選手のパフォーマンスアップなど様々な要素を伸ばすために必要な能力の1つに 「バランス能力の向上」 があります。 「バランス能力向上」と聞くと不安定面上や不安定ツール(バランスディスク等)、片足エクササイズなどで動きを行いそれができるようになると 「バランス能力が向上した」   と評価してしまいがちですが果たしてそれだけで良いのでしょうか? バランス能…

Continue reading →

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要