Archive 11月 2016


「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 トレーニングシーンでよく見かけると思いますが 「高重量トレーニングで結果を出している人と、全然出ていない人」 というのが存在します。 結果がでいない人の多くは 「高重量・高頻度・高強度でトレーニングをガンガンすれば筋肉はどんどんついて行くんや!」 という勘違いを起こしている方が多く見受けられます。 そのような人たちを説得するためには理論的な「生理学的説明」が一番効果的なので、様々な…

Continue reading →

「(注)この記事は私の20年のパーソナルトレーナーキャリアにより構築してきた内容です。ビジネスについては様々な考え方・捉え方がありますのであなたに合わない考え方が含まれている事もご了承ください。」 私はおかげさまで全国で活躍されているパーソナルトレーナーの方々と交流があります。 このような方々全員に共通する事で、相手に対して無意識で贈っているある物があります。 それは 「言葉」 なのです! ではどんな言葉かというと 「相手や読み手の心に届く言葉」 です! このような言葉を発信している人ほどパーソナルトレーナーとして成功していると感じています。 普段話す言葉やSNS上で投稿している記事に思いやり…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 トレーニング指導やコンディショニング指導を行う時に 「筋や骨格のランドマークにより対称性を評価し整えていく」 事を考えると思います。 もちろん、この考えに対しては間違いではないですし、整えていく事で様々な改善が期待できます。 しかし、だからと言って何でもかんでも「左右対称にしないといけない!」という発想だと思わぬ落とし穴にはまる事があります。 その理由は 「人間の体は内臓視点で捉え…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 腸を良い状態に整えていくには様々な要因があります。 食事だけ、腸もみだけ、運動だけなど単一的なアプローチだけでは腸の状態は良くなりません。 腸を良い状態に整えていくには以下4Rを考えていきます。 ①Remove(除去) →腸にとって「悪いもの」を除去していく ②Replace(補填) →腸にとって良いものを「補填」していく ③Reionculate(植菌) →腸内細菌叢のバランス…

Continue reading →

「(注)この記事は私の20年のパーソナルトレーナーキャリアにより構築してきた内容です。ビジネスについては様々な考え方・捉え方がありますのであなたに合わない考え方が含まれている事もご了承ください。」 パーソナルトレーナーとしてまず一番最初の課題は 「パーソナルトレーナーだけで食べていけるだけのセッション数を行う」 事です。 これはパーソナルトレーナーを「職業」として社会に示すため必要な最低ラインです。 まずはこのレベルになるまでにしっかりと自分自身を磨く必要があります。 そしてこのレベルにまで安定的に達成するようになったら次なる展開に駒を進めていく事になります。 その時に大切な要素は ①好きなこ…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 アスリートにおけるスポーツパフォーマンスを高めるために行うべきことの一番の基礎トレーニングに 「BIG3による最大筋力の強化」 があります。 これは体全体の基礎筋力向上となり、様々なトレーニングを行うときに必要となる筋力の基礎となります。 しかし、BIG3における最大筋力の強化のデメリットは 「動作が低速」 となることです。 アスリートの競技シーンにおいては「高速」で動く場面がほと…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 便秘解消の対策として 「排便時に必要となる「腹圧」を高める為に必要な筋群の強化」 を考えるかと思います。 その為に *「腹筋群のエクササイズ」 *「呼吸エクササイズ」 等を取り入れることを考えると思います。 しかしこれだけでは足りないのですよね。 そう、便秘解消におけるは必要な筋群は 「骨盤底筋群」 も必要となります。 なぜなら、便の排出において骨盤底筋群は「腹圧」を受け止める場…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 最近は走力を向上させるためのトレーニングの研究・普及がされてきていると思います。 従来の筋トレだけではなくそれを実際の動きにつなげていくという考え方はとても理にかなっていると思います。 しかし、この走力向上トレーニングの効果を妨げる要素の1つが 「ガニ股」 です。 ちなみにO脚とガニ股は似てるようで違いがあります。 O脚の場合は膝頭が内側に向いている状態で、大腿骨が内側にねじれるこ…

Continue reading →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 最近の急激な温度変化により風邪を引く方が増えてきました。 風邪予防といえばやはり考えたいのは「免疫力向上」ですよね。 そこで免疫といえば 「腸内環境を整える」 ことが重要なポイントとなります。 なぜなら腸は免疫の中枢器官であり、腸内環境悪化が免疫力低下の原因の一つとなります。 そして全身のリンパ球の約60%が腸に存在しているからです。 そのリンパ球の主な栄養分となるのが 「アミノ酸…

Continue reading →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 ダイエット指導において 「血糖値の安定化」 はとても重要なポイントとなります。 最近流行りの「炭水化物カット」による体内の糖質が枯渇状態になる「低血糖状態」だと筋肉の分解が起こり、活動量低下・体温低下・代謝低下などにつながりダイエットの弊害となります。 そしてもちろん、食べ過ぎによる血糖値の過剰上昇、いわゆる「高血糖状態」は脂肪合成促進に繋がります。 そうならない為に血糖値において…

Continue reading →

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要