「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」

体づくりにおいて、特に下半身で重要な筋肉の一つとなるのが

「中臀筋」

だと思います。

ダイエット・機能改善・パフォーマンスアップなど、どの分野にも欠かすことができない筋肉だと思いますが、これが意外に

「筋出力」

が発揮されていない人が非常に多いと皆様も感じていると思います。

確かに、日常生活で中臀筋を意識して動いている人ってまずいないですよね。

だからこそエクササイズにより中臀筋の筋出力を上げることはトレーナーの腕の見せ所だと思います。

そんな重要な中臀筋ですが、数ある筋出力チェック法の中で比較的簡単なチェック法の一つをご紹介しようと思います。

①壁を背につけ股関節と膝が90度になる「空気椅子」を作る。

②その状態で両腕を胸の前でクロスする。

③この体勢から右足を5センチほどあげる。

これで体が捻らず頭の位置が動かなかったら左の中臀筋の筋出力は確保できていると評価します。

これがブレたりバランスを崩すようなら中臀筋の筋出力は低下しているという評価になります。

空気椅子自体ができない、足を上げること自体が難しい場合は中臀筋のみならず、下半身の他の筋群全体の筋力が低下していると評価します。

特に高齢者はできない方が多いので、その場合はお尻の位置を高くし、膝の角度を110度以上開いて(膝を伸ばして)行って見ます。

こうした簡単にできる評価でも中臀筋の筋出力の確認はできますのでしっかり押さえておきたいところですね!

この記事が「参考になった!」と思っていただいた方は記事をシェアしていただければ次の記事を書く励みになります(^^)

お読みいただきありがとうございました!

(参考図書)
硬くゆがんだ体を整えて痛みをトルやわらかい体の作り方

(編者)
高橋 順彦 先生

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要