「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」

股関節外転筋は歩行や動作において下半身の中でもとても重要な筋群の一つで、色々ありますが代表的なエクササイズとして

「横臥位での横足あげエクササイズ」

「ミニバンドを使っての外転エクササイズ」

などを指導されている方も多いと思います。

これはもちろん正しいトレーニングなのですが、これら

「OKCエクササイズ」

だけ行っても目的とする機能改善に繋がりにくいのです。

【*OKC→開放性運動連鎖で四肢の末端が固定されておらず、末端が自由に動く状態での運動。】

そう、股関節外転トレーニングは

「OKCとCKCの両方運動処方」

してこそ機能改善に繋がるのです。

【*CKC→閉鎖性運動連鎖と言われ、四肢の末端が固定された状態で行う運動】

その理由として、OKCとCKCにおける股関節外転筋の筋力発揮の大きな違いは、OKCにおいては

「随意的に筋を収縮させて力を発揮している」

のに対し、CKCでは

「無意識(立脚期に股関節外転筋を働かせようとは意識せずに
筋を収縮させている」

のです。

このため、CKCでの筋力発揮トレーニングもOKCでのトレーニングと同じくらい行わないとOKCでの筋力がCKCでうまく機能しない状態になりやすくなります。

なので、例えば股関節外転筋におけるCKCトレーニングなら、片足立ちで足を上げた側の腕で重りを持ち、その腕を外転保持させキープするエクササイズなどをすると股関節外転筋のCKCエクササイズとなります。

以上、股関節外転筋におけるOKCとCKCの筋力発揮の違いを理解し、それぞれバランスよく運動処方を行うと結果に繋がりやすいと考えております。

*今回の投稿がお役に立てましたら「シェア」していただくと次回記事を書く励みになります(^^)

お読みいただきありがとうございました!

【参考文献】
運動療法学

【著者】
市橋 則明 先生

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要