「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」

プロの指導者の皆様なら流石にもう

「乳酸=疲労物質=悪者」

という間違った理解はしていないと思いますが、一般の方はまだまだ乳酸に関しては疲労物質であるという認識が強いので、実は乳酸というのは菌肥大にとってとても重要な役割を果たしているという説明をする必要があります。

なので乳酸についての基礎知識をまとめておきます。

筋トレのような無酸素運動を行うと糖質がエネルギーとして代謝され、アデノシン3リン酸(ATP)が産生されます。

この時の糖質が分解される過程で乳酸は生成されます。

そして乳酸は筋トレの強度が高くなるほど生成量が多くなるので「疲労物質」というイメージがつきました。

しかし、無酸素生代謝物である乳酸の蓄積は筋肉へのストレスとして脳に伝達され、下垂体からの

「成長ホルモン」

の分泌を促進します。

さらに乳酸には実は筋肉疲労の原因とされる

「筋肉からのカリウムイオン流出」

を抑制する働きや、脳神経細胞のエネルギー源としての働きもあり、筋肥大効果を高める重要な役割を果たしているのです。

なので筋肥大効果を高めるためには筋トレ中に糖質を代謝して乳酸を発生させることは重要なポイントとなるのです!

こう考えると筋トレ前の糖質摂取は必須ですし、運動強度もしっかり高めることは筋肥大にとって大切なことと理解できます。

このような理論をしっかりお客様に伝え、乳酸をしっかり味方にするトレーニングを提供することは指導者として大切なことだと考えています(^^)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要