峯岸毅ブログ


「(注)私の記事はあくまでも「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある教科書レベルの情報です。最新情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 よくジャンプ系の競技の話をするとき   「あの選手はバネがある!」 というほめ言葉で「バネ」というのが使われると思います。 では実際に「バネ」とはどのような事を指すのでしょうか? バネがあるといわれる人たちは 「空中にいる時間=滞空時間」 が長いというのが特徴です。 しかし、ただ高く飛べるだけではバネがあるとは言えません。 軽やかな弾むような動きが伴ったうえで高く飛び上がる 事が出来る人が真の「バネ…

続きを読む →

*アタックを打つ時、高く飛ぶためにいったん沈みこむ。 *バッティングの時にいったん振る側と反対方向に体をひねる *サッカーボールを蹴る時に蹴り足を後ろに振り上げる など、多くのスポーツ動作では「反動動作」を使っています。 これはエクセントリックからコンセントリックへの切り替えという共通があります。これによってすばやく大きな力を発揮しています。 垂直ジャンプ動作で例えると、高く飛ぶには大腿四頭筋がまず最初の沈み込みでいったん引き伸ばされながら活動し、その後膝を伸ばす時にコンセントリックに活動します。 その動作を行う中心となるのが「主働筋」ですが、これがまずエクセントリック活動をしてから次ぐに素早…

続きを読む →

大腰筋は腰椎T12(椎体)、L1~5(椎体、横突起) から始まり、途中で腸骨に始まる「腸骨筋」と融合して骨盤内側を通り大腿骨(小転子) に終わる多関節筋です。 機能としては 「股関節を屈曲、股関節を僅かに外旋」 という機能があるという事は皆様もご存じだと思います。 上記2つの機能は股関節視点での機能ですが、しかしもう一つ注目すべき機能があります。 それが 1)直立姿勢の時に骨盤を前傾させる(骨盤を立てる) 2)腰椎を腹側に引き込む事により脊柱のS字形を維持するという機能です。 この1)2)は姿勢改善などに必要な基礎知識なので再確認しておきたいところです。 そして1)2)の機能での拮抗筋は「大臀…

続きを読む →

今回のお話はダイエットに限らず、一般の方々によく質問されるのですが 「運動って1回何分くらいすればよいのですか?」 という内容です。 もちろん色々な考え方があるので一概には言えないのですが、 根拠に基づいて説明すると 人間の集中力が持続できるのは、統計学的にせいぜい 【30分~60分】 くらいだと言われています。 例えば学校の授業時間も 小学校 ⇒ 45分 中学・高校 ⇒ 50分 大学 ⇒ 90分(60分くらいで雑談を入れる) と年代によって集中力の度合いが違うので各時間も分けられています。 あとテレビ番組も 「人間の集中時間」 を考慮して作られています。 例えば日本の国民的アニメ 「サザエさ…

続きを読む →

高齢者の運動指導をしているトレーナーの方なら実感されていると思いますが 「膝痛」 に悩まされている方が非常に多いと感じると思います。 その改善法としては膝関節の捻れ改善や、足関節からのアプローチなど様々あると思いますが私は 「股関節」 からアプローチする事が多いです。 理由としてまず股関節は加齢と共に角度が変わってきます。 これは皆様ご存知の 「頸体角」 の変化です。 幼児期に約135度あった頸体角は成人になると125度くらいになります。 そして高齢者になると120度くらいまで狭まり、大転子が横に飛び出し左右の大腿骨の間が広がった状態になりやすいです。 大腿骨が外側に開くと股関節の間に胴体が沈…

続きを読む →

トレーニングプログラムを組む時は 「5つのステージ」 を構築して行く必要があります。 この5つのステージの概念があやふやだったり明確でないといくら適切なゴール設定をしても効果が出にくくなります。 これは一般の方にもアスリートにとっても共通認識だと考えています。 5つのステージというのは ①体の基礎作り(ストレッチ・体幹トレーニング) ↓ ②筋肉量の増加(筋肥大系トレーニング) ↓ ③筋力向上(パワー系トレーニング) ↓ ④動きのトレーニング(プライオメトリクス・ファンクショナルトレーニング) ↓ ⑤競技スキル能力向上(競技練習) と、大まかですがこのような5ステージに分けて運動処方を組みます。…

続きを読む →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 股関節の可動の正常化は様々な場面においてとても重要ですよね。 トレーニング、コンディショニング、機能改善、リハビリテーションなど動作や重心、姿勢を作っていく上でも避けては通れない分野です。 そこで知っておいた方がいい知識として 「股関節運動制限と脊柱の関係」 があります。 内容は以下の通りです。 *股関節屈曲制限→脊柱の過剰屈曲 *股関節伸展制限→脊柱の過剰伸展 *股関節内外転制限…

続きを読む →

皆様のクライアント様でも例えば *毎週セッションを受けていただく方 *二週に一回の方 *月一回の方 などクライアント様によって受講スケジュールは様々だと思います。 そこでプログラムを組む時に知っておいた方が良い知識が 『エビンハウス忘却曲線』 です。 この内容は個人差はありますが 人は学習してから30分後に約40%忘れ、 24時間後には66%忘れ、 3日後には75%忘れ、 30日後には80%を忘れてしまう という内容です。 なのでセッションを受講する間隔が長い人ほど   「復習項目」   をきっちり多めに行う必要があります。 なので   『新しい事を次から次へと教…

続きを読む →

身体活動においていかに動作を効率的に行うかはスポーツにおいても日常生活動作向上においてもとても重要事項です。 そのなかで最近「脱力(弛緩)」の重要性を話す人が増えてきました。 もちろん、不要な筋緊張は動作においては弊害になります。それを取り除く事をワークとして行うのは私も賛成です。 しかし、その脱力(弛緩)を話すなら正しい「緊張」の事も頭に入れておかなければならないと思います。 筋肉にはそもそも「緊張」と「弛緩」の2つの能力が備わっています。 この2つが絶妙な連携を行う事でパフォーマンスアップとなります。 しかし、脱力やリラックスを唱える方に多い傾向が「弛緩」に対する必要性・重要性は説明します…

続きを読む →

◆ コスパ鶴見緑地 ◆ 大阪府大阪市鶴見区鶴見5-10-30長堀鶴見緑地線「今福鶴見駅」徒歩10分【駐車場あり】 http://www.ogsports.co.jp/store/226/ 料金:(45分)4320円~   ◆ コスパ上本町 ◆ 大阪市天王寺区上汐3-8-6 地下鉄谷町線「谷町9丁目駅」徒歩5分【駐車場あり】 http://www.ogsports.co.jp/store/210/ 料金:(45分)4320円~   ◆ ホテル阪急エキスポパーク内ウエルネスクラブヴィータ ◆ 吹田市千里万博公園1-5 http://www.htl-expopark.jp/cs/…

続きを読む →

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要