峯岸毅ブログ


「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 長年健康業界の議論の1つで 「朝食は摂るべきか?摂らないべきか?」 という議論があります。 それぞれ様々な考え方に基づき朝食食べないほうが良い派、食べたほうが良い派に分かれていますが、私は 「腸視点」 で朝食についての考えを述べてみたいと思います。 まず私が提唱していますバウエル(腸)コンディショニングでは 「朝食は食べたほうが良い」 としています。その理由は 「朝の排出時間にき…

続きを読む →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 トレーニングを行うと筋肉がパンパンになる 「パンプアップ」 現象が起こりますよね。 これなトレーニーなら快感の一つとなり筋トレのモチベーションも上げてくれる現象です。 ではこのパンプアップについて、プロのトレーナーとしてメカニズムの理解は押さえておきたいところです。 筋肉が活動するとエネルギーを使います。そうすると乳酸や二酸化炭素などの代謝物が生成されます。 これらは筋線維から運び…

続きを読む →

「(注)この記事は私の20年のパーソナルトレーナーキャリアにより構築してきた内容です。ビジネスについては様々な考え方・捉え方がありますのであなたに合わない考え方が含まれている事もご了承ください。」 近年パーソナルトレーナーの数も全国的にどんどん増えていく傾向にあり、業界が活性化していく事は非常に喜ばしい事だと感じています。 それに伴い、情報インフラの整備による勉強環境も整備されてきて安定的に様々な最新理論の学びを得る事ができるようになったのもすごく良い事だと考えております。 しかし、このように勉強環境が良くなるにつれて落ちやすい落とし穴というものが存在します。 それは 「自分が最新理論を学んで…

続きを読む →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 バウエルコンディショニングの一番の目的は 「便秘をなくし、常に腸が活発に働く環境を作ること」 です。 その為には「食物繊維」が大きな鍵を握ります。 食物繊維には 「不溶性食物繊維」 と 「水溶性食物繊維」 の2種類があります。 不溶性は水に溶けず、腸の中で水分を吸収してふくらみ、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促す作用があります。 キャベツ・レタス・芋・豆・ごぼうなどに多く含まれる「…

続きを読む →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 トレーニングシーンでよく見かけると思いますが 「高重量トレーニングで結果を出している人と、全然出ていない人」 というのが存在します。 結果がでいない人の多くは 「高重量・高頻度・高強度でトレーニングをガンガンすれば筋肉はどんどんついて行くんや!」 という勘違いを起こしている方が多く見受けられます。 そのような人たちを説得するためには理論的な「生理学的説明」が一番効果的なので、様々な…

続きを読む →

「(注)この記事は私の20年のパーソナルトレーナーキャリアにより構築してきた内容です。ビジネスについては様々な考え方・捉え方がありますのであなたに合わない考え方が含まれている事もご了承ください。」 私はおかげさまで全国で活躍されているパーソナルトレーナーの方々と交流があります。 このような方々全員に共通する事で、相手に対して無意識で贈っているある物があります。 それは 「言葉」 なのです! ではどんな言葉かというと 「相手や読み手の心に届く言葉」 です! このような言葉を発信している人ほどパーソナルトレーナーとして成功していると感じています。 普段話す言葉やSNS上で投稿している記事に思いやり…

続きを読む →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 トレーニング指導やコンディショニング指導を行う時に 「筋や骨格のランドマークにより対称性を評価し整えていく」 事を考えると思います。 もちろん、この考えに対しては間違いではないですし、整えていく事で様々な改善が期待できます。 しかし、だからと言って何でもかんでも「左右対称にしないといけない!」という発想だと思わぬ落とし穴にはまる事があります。 その理由は 「人間の体は内臓視点で捉え…

続きを読む →

「(注)私のこの記事は私が研究している腸内環境改善メソッド「バウエル(腸)コンディショニング」の基礎的な情報です。最新の研究情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお 読みいただければ幸いです。」 腸を良い状態に整えていくには様々な要因があります。 食事だけ、腸もみだけ、運動だけなど単一的なアプローチだけでは腸の状態は良くなりません。 腸を良い状態に整えていくには以下4Rを考えていきます。 ①Remove(除去) →腸にとって「悪いもの」を除去していく ②Replace(補填) →腸にとって良いものを「補填」していく ③Reionculate(植菌) →腸内細菌叢のバランス…

続きを読む →

「(注)この記事は私の20年のパーソナルトレーナーキャリアにより構築してきた内容です。ビジネスについては様々な考え方・捉え方がありますのであなたに合わない考え方が含まれている事もご了承ください。」 パーソナルトレーナーとしてまず一番最初の課題は 「パーソナルトレーナーだけで食べていけるだけのセッション数を行う」 事です。 これはパーソナルトレーナーを「職業」として社会に示すため必要な最低ラインです。 まずはこのレベルになるまでにしっかりと自分自身を磨く必要があります。 そしてこのレベルにまで安定的に達成するようになったら次なる展開に駒を進めていく事になります。 その時に大切な要素は ①好きなこ…

続きを読む →

「(注)私のこの記事はあくまでも私が勉強し直している「基礎の見直し」をコンセプトに書いてある基礎レベルの情報です。最新・応用情報とは内容が異なることもありますのでその辺をご理解いただきお読みいただければ幸いです。」 アスリートにおけるスポーツパフォーマンスを高めるために行うべきことの一番の基礎トレーニングに 「BIG3による最大筋力の強化」 があります。 これは体全体の基礎筋力向上となり、様々なトレーニングを行うときに必要となる筋力の基礎となります。 しかし、BIG3における最大筋力の強化のデメリットは 「動作が低速」 となることです。 アスリートの競技シーンにおいては「高速」で動く場面がほと…

続きを読む →

© 2014 カラダ動画情報局

特定商取引法に基づく表示 会社概要